interview 01
酪農スタッフになるまで

酪農スタッフになるまで
坪井

坪井さん

Tuboi

出身
岡山県
前職
一般事務
従事歴
2020年5月~
牛
中春別へ来たきっかけは?
出来心で酪農体験をして以来、すごくきつかったけど「牛かわいかったなー…」というのがずっと残っていました。コロナ禍で観光業のアルバイトが減ったのを機に、もう一度体験してみたいと思いました。
中春別を選んだ理由は?
家電付きの寮や車の貸し出しが整っていたのと、求人サイトの女の子が牛を撫でている写真が雰囲気良かったので。協議会の職員さんが受け入れ先をコーディネートしてくれるのもありがたかったです。
決めてから来るまでにどのくらいかかりましたか?
一週間
坪井さん
周りの人の反応はどうでしたか?
キタキツネいたら写真おくって
お休みは何をして過ごしていますか?
買物したり、カフェに行ったり。車で15分くらい走ればお店がたくさんある市街地なので、想像していたよりずっと便利です。
リアルに、酪農のお仕事ってどう?
毎日朝晩同じ作業をするので、そのサイクルに慣れるのに少し戸惑いました(農家さんいわく同じ日は無いそうですが)。ひたすら体力勝負!かと思いきや、特に最初は覚えることが多いし、みんなで段取りよく作業を進めていく仕事なので思った以上に集中力が要りました。牛の様子を観察することも農家さんはとても大事にされていますが、自分ではなかなか変化に気づけず「しまったなー」と思うこともたくさんありました。けど、分からないなりにも報告して、「よく気づいてくれたね」と言ってもらえた時はうれしかったです。分かることが増えてくると、おもしろさも出てくるかなと感じます。それに、いろいろありつつ、結局牛ののんびりした仕草ととぼけた表情に癒されます。尻尾でペシペシ叩いた後にこっちの様子をチラ見して窺っているのを見ると、痛いけれど笑ってしまいます。体力面は、最初は体のいろんな箇所が代わる代わる痛くなりますが、機械化されていることも結構あるし、女性が作業することも念頭に置いてくれているので慣れればなんとかなると思います。
坪井さん
  • 坪井さん

    MORE
  • 田澤 紳志さん

    MORE
totop